スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
<< 自然療法と現代医療 そして医療大麻のある時代へむけて | main | うさと展にて限定販売!まめでたっしゃのほっこりお弁当 >>

あいをよる おもいをつむぐ こころをむすぶ

いよいよ今週は『冬のうさとの服展』が開催されます!!
今回は心地よく重ね着を楽しめるものを入荷予定です。
また期間中、「まめでたっしゃ」さんよりベジランチの販売もいたします!
(詳しくはまたご案内しますね)
 

 
(写真は前回のうさと展@cafe good life)

うさとの布はタイやラオスの農村で織られています。
布を織る村の女性たちには生産ノルマも納期もありません。
 織り手には布のデザインから縫い手には一着を最初から最後まで担当してもらいます。
布は一反一反どれも違うし、誰が縫うかによってできあがるものは違います。

まずはじめに村の暮らしがあり、そこで育まれた布に合わせて服をつくるのが
うさとの”ものづくり”の姿勢です。

そしてたくさんの手仕事を重ねて出来上がった服は、うさとのものづくりに共感した人の手から手へと手渡しで届けます。
いのちや想いやご縁を深く深く大切にしているお洋服です。

だから自分の手に届いたときは、不思議なほどしっくりきて、不思議なほど温かく心地よく、そして安心感を与えてくれます。植物のいのち丸ごとを感じられます。
 
 

ちなみに私EMYとナカポンの出会いも、このうさとなんです。

数年前にうさとが企画するイベント「いのちの響宴」(現在は行われていません)が旭川の斉藤牧場で開催することとなり、ひょんなご縁でナカポンは実行委員長、私は実行福(副)委員長を務めることになりました。
その時に生まれた素晴らしい繋がりが、このツムギテとして織りなされています。
 
同日に宅配してくださる「まめでたっしゃ」の土屋さんことツッチーもまた、同じご縁なんですよ♪
 
だからこそ、この場所でうさとの服展を開催できることが、感慨深く心から嬉しくてたまりません。
 
あいをよる おもいをつむぐ こころをむすぶ 

うさとのデザイナー さとううさぶろう氏の大切にされている言葉です。
この言葉は真に心に響きます。
 

*冬のうさとの服展*
2012/11/16〜/18
☆OPEN 10;00 CLOSE 17:00(最終日は15:00まで)@ツムギテ 
☆お問合せ 0166-74-3311 (ツムギテEMY)
☆うさとHP http://www.usaato.com/


是非遊びにいらしてください!!きっと素晴らしいご縁に出逢えるハズ?!
お待ちしております。


いつもありがとうございます。天地満開∞EMY
| イベント | 22:49 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 22:49 | - | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--